製作局は、祭りの中でいろいろなものづくりをしている局です。ワークショップ(わーしょ)で装飾物を祭りに向けて日々作ります!祭りが近づいてくると製作局の仲間たちが、とんかちやのこぎりやペンキを使って作業していて、わーしょはとても賑やかです!授業が終わってから、わーしょで作業してると勉強の気分転換にもなるし、自分のペースで作業できるから、とても楽しいよ!

製作局の作る製作物には三種類あります!

  1. 祭の運営を円滑にするための製作物(テント看板、ゴミ看板など)
  2. 祭そのものの広報する製作物(カウントダウンカーテン(CDC)、正門看板、各門看板など)
  3. 当日の祭の雰囲気を作る製作物(祭装飾、ステージ看板、地域看板など)

 局員は1人につき1~3個の担当物をもちつつ、この三種類の製作物を4月~10月を通して作っています。デザインができなくても、他局に任せるものもあるので、安心してください。設計して、自分たちで作り上げた時の達成感は気持ちいよ!

製作局の魅力

  • わーしょが居場所になるよ!
  • 先輩やさしい
  • 達成感(作る物が見えるから)
  • 他局との交流多い
  • 局内の団結力ある
  • 技術が身につく DIYできるようになるよ!
  • 差し入れが多い
  • シフト自由(家で作業しない、自由に活動できる、バイトと勉強と両立しやすい)
  • 勉強の気分転換にわーしょで作業できる 

製作局について知っておいてほしいこと

  • 祭り直前は製作作業が多いので、帰るのが遅くなることもある
  • 家が遠いと大変かも(3年生は家遠い人多いからなんとかなるよ!)
  • 祭り前日と当日は作業があるから、近くのホテルか友達の家に泊まらせてもらったりします。朝が早いです。