ICU祭を開催するにあたってICU祭実行委員会は、国際基督教大学のBCPにおける行動指針及び大学との協議事項、政府・東京都によるイベントの開催制限に則って、新型コロナウイルス感染症対策を実施いたします。

ICU祭実行委員会 新型コロナウイルス感染症対策指針・活動継続計画

ICU祭実行委員会では、新型コロナウイルス感染症対策の基本的方針を定める対策指針及び活動継続計画を策定しております。委員会内では本指針を基に感染対策をミーティングや連絡ツールを用いて周知しております。また、一般参加企画団体に向けて本指針を基にした新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインを発行し、一般参加企画団体に向けて感染対策を要請しております。

更新履歴

初版発行 2021年9月10日 対面開催時を想定した感染対策を策定

第2版発行 2021年9月14日 オンライン開催時の感染対策を策定

第3版発行 2021年10月25日 第2版に掲載した新型コロナウイルス感染症に関する情報を更新、委員会内の感染対策を更新、参加者の当日の動きをより詳細に明記

初版

第二版

第三版

東京都 感染防止策チェックリスト

ICU祭では来場者の入構を禁止しておりますが、配信に参加する一般参加企画団体の参加者は当日入構いたします。東京都の新型コロナウイルス感染症対策によるイベントの開催制限に則り、感染防止策チェックリストを公開いたします。

1日目である10月30日(土)はリバウンド防止措置におけるイベントの開催制限、2日目である10月31日(日)は基本的対策徹底期間におけるイベントの開催制限を適用いたします。

10月30日(土):感染防止策チェックリスト

10月31日(日):感染防止策チェックリスト

重点的に行う対策

ICU祭実行委員会では感染予防策を3種類(①常時取り組む感染予防策、②定期的に取り組む感染予防策、③長期的に取り組む感染予防策)に分け、より効果的な対策を実践するよう努めております。以下の4つの感染予防策を常時取り組む感染予防策として繰り返し委員会内で呼びかけを行い、徹底した実践を求めております。

  1. マスクの適切な着用
  2. 身体的距離の確保
  3. 換気の実施
  4. 手指消毒(目に見える汚れがある場合には手洗い)

感染経路を断つことを最優先として、強い感染力を持つ新型コロナウイルスに対して無駄のない対策を講じることを目標としております。新型コロナウイルス感染症の感染経路は、飛沫と接触であり、それらへの対策に最も重点をおいて対応するよう設定いたしました。

 

定期的に取り組む感染予防策としては、以下の2つを呼びかけております。

  1. 体温測定、健康観察
  2. 環境清拭

定期的に取り組む感染予防策は行動の前後、その都度行う常時取り組むべき感染予防策とは異なり、直接感染するリスクは低いと考えられているものの長期的には感染要因となりうるものに対して必要に応じて実施する感染予防策です。

ICU祭実行委員は対面活動時に活動記録フォームへ当日の体調と体温を記録することを徹底しております。また、当日の2週間前から委員全員が毎日健康観察を提出するとともに、2日前から一般参加企画団体の参加者も健康観察の提出を求めており、当日回答が確認できない場合には、入構をお断りすることとしております。

 

長期的に取り組む感染予防策としては、以下の3つを呼びかけております。

  1. 複数人での食事の延期
  2. 混雑時間帯の把握、混雑時間帯の利用の回避
  3. 換気のない場所への外出・滞在の回避

これらは、日常生活の中で長期的な行動変容として取り組むべき感染予防策として設定しております。感染拡大を抑えるために全ての委員に対して呼びかけております。